スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012北海道旅行3日目 

滝上から南下すること2時間で美瑛へ到着。旭川市街をパスし神楽のあたりの住宅街から旭川空港を通るルートを選択。空港の周りの景色は意外と良い。隠れた絶景スポットかも知れない。
sDSC04418.jpg
sDSC04426.jpg
国道237を富良野方面へ向かうと良く見慣れた美馬牛のあたりの風景が目に飛び込んでくる。毎年見ている風景だが、来るたびに感動するから不思議だ。草の緑、土の茶、空の青、雲の白、というコントラストが大好き。
sDSC04439.jpg
sDSC04450.jpg
sDSC04462.jpg
sDSC04476.jpg
いわゆる北海道っぽい景色という意味では、やはり美瑛~上富良野の景色がナンバーワンだ。
このあたりの国道の両側の丘を適当に登ればどこであれ良い景色が広がっている。
sDSC04478.jpg
sDSC04482.jpg
sDSC04491.jpg
スポンサーサイト

[2012/07/31 23:37] 2012北海道旅行 | TB(0) | CM(0)

2012北海道旅行2日目 

2日目は、新冠から滝上まで行く予定だ。滝上は紋別の手前40kmの地点で芝桜が有名だが、今の時期は芝桜は咲いてなく、何故行くかといえば、友人が住んでいるからだった。本州から北海道に渡って10年、滝上で林業に従事するその友人とは、一昨年のとほ宿で出合い、今年のGWには東京でも飲んだわけで。
sDSC04295.jpg
新冠から平取を抜け日勝峠を越えたところにあるドライブインで「牛トロ丼」という名物を食した。フレーク状になった冷凍牛肉を暖かい白米の上で溶かして、ワサビ醤油で食すという斬新な食べ物であり、確かに、マグロのトロのような食感であり、口どけも良かったが、いかんせん量が少ないわけで。
sDSC04314.jpg
ナイタイ高原という道内でも有名な高原がこの近くにはあり、当然立ち寄るわけで、でも、天気が曇っていて肝心の見晴らしはまったくよくなかったりもした。
sDSC04324.jpg
大雪山、層雲峡を抜けるルートだが、このあたりでは晴れ間もあり、タウシュベツで有名な旧国鉄のアーチ橋を眺めながらのドライビングとなったわけで。
sDSC04362.jpg
sDSC04391.jpg
sDSC04403.jpg
滝上はとても寒く長袖のシャツを着てもがたがたと震えるほどで、友人の家から車で5分程の居酒屋は暖房がきいていた。生ビール2杯、泡盛ロック4杯飲んですっかり出来上がってしまった。帰りは友人宅まで3kmほど歩いた。酔っていてあまり記憶がないが、夜の空気は、高原のような匂いでとても気持ちが良かったことを鮮明に覚えている。
[2012/07/30 23:07] 2012北海道旅行 | TB(0) | CM(0)

2012北海道旅行1日目 

sDSC04251.jpg
夏休みの定番となった北海道旅行。レンタカーでの周遊も今年で4年目。さすがに行き尽くした感があり、どこへ行こうか迷いましたが、とりあえず居心地の良い宿がある新冠を目指し、千歳空港を出発。
サーモンパークという錆びれた道の駅で、普通の鮭弁当の昼飯。鮭フライとかいくらとかが入っていて、まあ都内で食うよりは旨かった。弁当を食べてから道の駅に近接するソフトクリーム店でカマンベールチーズソフトというのを食ったが、これは絶品。(帰りにもう一回立ち寄り別の味を食った。)
さて、道の駅を後にし、国道を避け、競走馬の故郷として有名な早来(はやきた)のあたりの裏道を走る。
青い空に浮かぶ綿菓子のような白い雲がいかにも北海動的だ、と毎年のことながら感動する。

sDSC04283.jpg
新冠への道中に、二風谷アイヌ博物館というのがあるので立ち寄ることにした。
沙流川流域にはアイヌの集落があったようでその生活の様子などが展示されていた。
チプという丸太をくり抜いた船は中々豪快で魅力的だった。

二風谷を後にし、海沿いの国道に出て、新冠温泉経由で宿へ。
今日のお客はなんと私1人でした。宿主さんに明日のルートのこととか土地の情報だとかを聞くには良かったです。安定して満足感のある宿です。



[2012/07/30 00:15] 2012北海道旅行 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。