スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

近場ポタ 

20070224_pota_000.jpg


土曜日に、強風の中、二子橋から丸子橋まで多摩川CRを軽く走りました。気持ちの良い青空が広がっていました。

丸子橋の手前にきれいなピンク色の花を咲かせた木がありました。近づいて幹に付けられた名札で名前を確認すると「カワヅザクラ」とのこと。そういえば、去年もここの桜だけ早く咲いていた。早咲きの品種なのだ。

冬の間は殺風景だった多摩川CRも、ようやく彩り豊かな季節を迎えますね~。

-------------------------------------------------
とりあえず、ポチっとお願いします(^^)→人気ブログランキング-自転車


このブログの本家HP「サイクル日誌」もご覧ください!
スポンサーサイト

[2007/02/25 22:51] ポタリング | TB(0) | CM(0)

リアディレイラーの調整 

日曜日に先々週から調子の悪かったリアディレイラーを調整した。

【リアディレイラーの症状】
①走行中に何の前ぶれもなくチェーンがトップ側に落ちてしまう。(→いきなりギアが重くなる。)
②変速後に、チェーンがガチャガチャと鳴る。チェーンとスプロケットの歯がかみ合っていないようだ。

MTBのメンテナンスマニュアルとネット(「自転車ツーリング再生計画」さん)で情報収集した結果、原因・対策は以下のとおりだった。

reargear001.jpg


reargear000.jpg


①【原因】=ディレイラー可動範囲(トップ側)が広くなっている
 【対策】=トップアジャストボルトをチェーンが落ちないところまで時計回りにねじ込む

②【原因】=変速ワイヤーが伸びてインデックスの位置がずれている
 【対策】=アウター調節ボルトを反時計回りに回してアウターを長くする

一通り調整した後試走してみたところ、①②とも解消できていた。ネジを回すだけの調整でこれほどギアチェンジがスムースになるとは驚いた。

ただし、ディレイラーにおけるすべてのトラブルがこのような「ねじ回し」だけで解決するとは限らないらしい。場合によってはディレイラーの取り付け位置を変更したりしなければならないこともあるようだ。

ディレイラーをいじるというのは専門的なイメージがあって、自転車屋に任せようか迷ったが、マニュアルどおりに手順を守ってやれば何とかなることもあるようだ。

これでメンテナンスの経験値が少しだけ上がったかも。

-------------------------------------------------
とりあえず、ポチっとお願いします(^^)→人気ブログランキング-自転車


このブログの本家HP「サイクル日誌」もご覧ください!
[2007/02/19 22:04] メンテナンス | TB(0) | CM(0)

地中の根、地上の実 

小学生時代を思い出してください。

今、放課後の校庭にあなたはいます。

「植物係り」のあなたは、先生からある植物を育てるように言われました。

その植物は、地中に根を張った後に、地上に実をならせます。

当然、根を張っている間は、地上には何の変化もあらわれません。

あなたは、土を掘り起こし、その植物の種を植えました。

------------------------------------------

さて、あなたのクラスでは、毎年1回、「係り」の「成果コンテスト」、というものが開催されることになっています。

先生は言います。

「植物係りの評価基準は、何個、実をならせたかだ。最下位の者はバツゲームで便所掃除1週間だからな」

------------------------------------------

あなたは毎日水をやって、大事にその植物を育てたのですが、なかなか実がなりません。

そうこうしているうちに「成果コンテスト」の日が明日に迫ってきました。

あなたは思いました。

(このままだと、何の成果も出ていないことになってしまう・・・。便所掃除はイヤだ・・・。)

どうしたものかと悩みながら家へ帰っている途中の道端に、あなたが植えた植物と同じ植物が実をならせていました。

あなたは、とっさに思いました。

(その道端の植物を引っこ抜いて、植えてしまえ!)

ところが、その植物は根っこが張っていて引っこ抜けません。仕方なく地上に生えている部分だけを切り取り、急いで学校に戻り、校庭にそれを植えました。

そして「成果コンテスト」当日。

クラスの友達、先生、そして学校新聞委員会の上級生、を引き連れて、校庭に出てみると・・・




昨日植え替えたその植物は、カラッカラに干からびていました。

取り乱すあなたをよそに、学校新聞委員会の上級生はその植物を掘り起こします。

そして、学校新聞委員会の上級生は、根っこのないその植物を、クラスのみんなの前に高々と掲げ、あなたを責めました。

当然、大ブーイングが起こりました。

あなたは、自分が何をしたか、ようやく気付きました。そして、ひたすら泣きながら謝り続けました。

その涙が、一粒、二粒、最初に種をまいたあたりの土に滴っていきます。




その時です。あれだけ水をまいても実をつけなかったその植物が、見る見る成長し、それはそれは大きな実をつけたのでした。
[2007/02/07 00:22] マジメな話 | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。