スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ギア比 

ギア比・・・クランクが1回転するときに自転車が進む距離(m)。
前のギアの歯数/後のギアの歯数×駆動輪の円周で表される。
ギア比はチェンリングがアウターでスプロケットがトップのときに最大になる。チェンリングがインナーでスプロケットがローのときに最小となる。(~「自転車ツーリング再生計画」の自転車用語集を参照)

要は・・・

ギア比大=スピード出る=「重い」
ギア比小=スピード出ない=「軽い」


ということです。

私のシクロは、前のギア 48T、38T(Tは歯数の意味)、後のギア 11~23T
最大ギア比48/11×駆動輪の円周 最小ギア比38/23×駆動輪の円周である。

一方私のMTBは、前のギア 42T、32T、22T、後のギア 11~32T
最大ギア比42/11×駆動輪の円周 最小ギア比22/32×駆動輪の円周である。

駆動輪の円周はシクロ>MTBなので、MTBの最小ギアの軽さが際立ちます。さすが峠用自転車。
さらにMTBは大ギアもそこそこのギア比を実現しており、まさに「ワイドなギア比」の持ち主だったのでした。

これから自転車を買おうと思っている方は、「●段変速」で選ぶのも良いですが、最大ギア比、最小ギア比の検討もお忘れなく!(買ってから、スピードがでね~、とか重くて峠が登れね~、とならぬよう・・・。)
スポンサーサイト

[2006/10/31 23:35] 自転車ツーリング | TB(0) | CM(0)

夜ポタ 

先日の境川CRツーリングで久しぶりのナイトランが思いの他気持ち良かったので(中原街道の拷問的走り辛さは別として・・・)、会社が終わってから夜ポタなどしてみました。


新二子橋の向こうに見えるニコタマのマンション

8時スタートなのでほんとに軽めのポタです。多摩サイの二子橋~多摩水道橋をぶらり。
ちなみにMTBでのポタでした。新車のシクロを買ってからというものコイツを使ってやる機会がめっきり減りました。
(場所だけとってじゃまくせーな)なんて心無いことを思ったり、盗難リスクを無視して買い物用自転車として駅前駐輪場に放置したりと、ひどい扱いをしてきました・・・。

でも、今日の走りはなかなか良かったよ。ちょっと見直した。折しもシクロのギア比にちょっと疑問を感じてたので、(シクロはギア比が大きくて勾配7~8%以上の峠を攻めるのはきついのではという疑問が・・・)コイツを峠用として使ってやろうか。


さて、今日の夜ポタですが、心地良い秋風と、虫たちの奏でる音色が深まる秋をかんじさせてくれる。夜の多摩サイもまた良きかな。


多摩水道橋と小田急線

夜だとスピードメーターが見えなくてかいいかも。
気にしないようで気にしてしまうのが「今何キロ出てんの?」ということ。遅いといけないわけではないのだが、妙にプレッシャーを感じてしまうのだ。時間に対しての貧乏性のようなものかなぁ。
メーターをつける前の純粋に自転車に乗ることを楽しむ気持ちが少し戻ったのは良かった。

[2006/10/30 23:52] ポタリング | TB(0) | CM(0)

中原街道~境川CR~江の島 

あ~疲れた~。
久々の自転車ツーリング。
結局98kmも走ってしまった。。。
体力激落ちで50km過ぎたあたりがきつかったな~。

さて前置きはこれくらいにして簡単にコース説明。
中原街道~境川CR~江の島の折り返しコース。テーマは「境川CRを走る」と「江の島&海を眺める」だ。

二子橋をスタートし中原街道をひたすら南下。この道、歩道も路肩も狭くてものすごく走りづらい箇所がいくつもある。久しぶりのツーリングにはきっちぃ~。

そしてようやく境川CRに到着。すでに2時かよ。海岸線まで行ったら帰りはナイトランだけどしゃあね~か。


境川CRは走りやすいが自転車、歩行者が思いの他多かったかな。のどかな景色が続き良かった。
20061028_sakaigawa_002.jpg

さて境川CRは藤沢で終点に至り、ここからは一般道で江の島方面に向かう。渋滞する大通りの路肩をすり抜けて進むと、サーフィンショップなどの海の雰囲気が漂い始める。途中江ノ電を目撃。道路を走ってました。レールのスリットが自転車的にはハマルとやばいと思った。
20061028_sakaigawa_000.jpg

そして目の前にば~~~んと広がる海!気持ちいい~~~!
雲の合い間から時折夕陽が海を照らす。きれいだな~。
サーファーたちがそろそろ帰り仕度をしている。

帰りはナイトラン突入。この季節は日が暮れるのが早いね~。夜の中原街道は拷問のようでした。。。疲れ果てたので詳細レポートは後日アップで・・・。

[2006/10/28 23:32] 自転車ツーリング | TB(0) | CM(2)

自転車ブロガーに人気のあの番組が最終回 

自転車ブロガーたちのハートをわしづかみにした『中高年のための楽しいサイクリング生活入門』(NHK)がいよいよ本日で最終回を迎えた。

同番組については当初現役自転車乗りとしての懐疑的な視線で見ていたのだが、結局自転車ツーリングの追体験ができる魅力に惹きこまれてしまった。。。「最近ツーリングに行ってないし、これ見てモチベーションあげっかな」的な思惑もあったりする。

今回のテーマは「自転車で一泊旅行してみよう」だ。これまた自転車乗りならば思わず興味を魅かれるタイトルだろう。

コースは房総半島を東海岸から西海岸へ(内房線の和田浦駅から館山駅へ)と周るというもの。私は千葉は走ったことないけどどんな感じなのかな~。

輪行袋を持って、さっそうと内房線の和田浦駅から降り立つ丹羽隆志、藤岡弘、奥山佳恵の3人。もうこのシーンを見ただけで、わくわくしてしまう。輪行袋がテレビで放映されるなんて!

そして海岸線を気持ち良さそうに走る3人。自転車目線のカメラアングルは臨場感たっぷりだ。

途中自転車を停めて波打ち際まで降り立ったりと寄り道具合もいい感じだ。ただ、台風の影響で明らかに荒れ狂っている波に向かい「あ~、いいね~」を連発している藤岡は異常。さらに3人で波打ち際でお昼寝まで決め込んでしまうのはちょっとやり過ぎだわな、やっぱり。波がかかるんじゃないかな、と見ているこっちが心配でした。ま、この辺はテレビ向けの演出ということで大目に見ましょう。
そして、突如スピードを上げて奥山を引き離す、丹羽と藤岡。「お兄さん方速いですよ~」と追いついた奥山が振る。いやな予感・・・。やっぱり出た、「房総半島を暴走」という古典ギャグ。これも中高年向けということでおやじギャグを盛り込んだのかね?

番組の最後、3人から自転車の良さをコメントする。これがまた自転車乗りのツボにはまるコメントが多く私も思わず「うんうん」と納得しっぱなし。
自転車に乗ると
・楽だしそれでいて運動になる(奥山・丹羽)・・・これはちょっとPRしすぎだね。今日のコースだって向かい風だったら、止まらないように漕ぐだけで死ぬよ(笑)。
・年をとっても童心に帰れる(藤岡)・・・まさにそうだよ。
・景色、食べ物、人々、日本を楽しめる道具(丹羽)・・・日本を楽しむかぁ、いい言葉だね。
・自分が好きになる、自分が偉いなと思う、
いい景色を見てる自分が好き(丹羽)
・・・ナルシストか!?これはちょっと引くわ~。
・海、山、街並み、自転車ならではの景色が楽しめる(奥山)・・・自転車目線、5感フルってのは確かにすごいんだ。
・体力なくてもOK。気軽にできるスポーツ(奥山)・・・例えばジョギング等に比べればね。
・やってみると予想以上に楽しい、簡単にできる(藤岡)・・・そのとおり!
・自然を感じる、細胞が喜ぶ、5感が敏感になる、体の感性がよみがえる、気持ちが解放される(藤岡)・・・素晴らしい!私の考えと一緒だ!ここが一番の魅力だと私は思う。
・年に関係がない(藤岡)・・・乗れば童心に帰れるからなぁ。
[2006/10/26 23:50] 自転車ツーリング | TB(0) | CM(0)

ようやくアップ 



いつの話?とおっしゃらないでください。
ようやく北海道ツーリングの6日目をアップしました。

すっかり寒くなった今日この頃、季節はずれなレポートですが、どうぞ読んでやってください。
[2006/10/23 22:38] ホームページ作成 | TB(0) | CM(0)

強者の論理の限界 

核保有国が直接的ではなくとも、その威力に物を言わせ、核非保有国の資源を搾取していることは全くないといえるだろうか?

核保有国が核を放棄できないのは、核を持つことによる効果が絶大だからなのではないか?

そもそも強い国が自分たちだけ最強の武器を手にして、他の弱国には旧式の武器で武装しろと言っても説得力がないのではないか?

唯一の被爆国という立場を振りかざしたところで、アメリカの核の傘がなかったとしたら、今回の北朝鮮の核保有を平然と見ていられるのだろうか?

[2006/10/17 23:57] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

登り坂は苦しいからこそ充実するのだ 

MTBでツーリングを楽しみませんか」の「閑話」の10/6付けの記事に、NHK第5回「中高年のための 楽しいサイクリング生活入門」のことが触れられていた。

実は私も、たまたまテレビをつけたらこの番組が放送されていたので見てみたのだった。

第5回は「坂道らくらく走行テクニック」というテーマで、奥多摩周遊道路を走るという企画だったが、見終わった瞬間、どうにも胡散臭い番組だと思った。

初心者の奥山佳恵が、ゆるやかとはいえ坂道を結構な距離走って、息一つ切らさないわけね~だろ!!番組の中の傾斜を見た限りでは、あんな余裕ぶっこいて登れる坂ではないな。奥山佳恵は相当肺活量があるとか?

オレは撮影するシーンだけ自転車をこいで編集したと見た。(ま、今度試しに走りに行ってみるかな。)

そりゃあ番組的には、「自転車はきつくてしんどいですよ~」とは言えないからな。中高年でも楽々登れる魔法の乗り物=自転車をアピールしたかったのだろうが・・・。

私なんかは、「登り坂は苦しいからこそ、ダウンヒルが素晴らしく感じる」と思っているので、ああいう、「登りでも楽チン」とかいう発想自体があまり好きでないよ。
[2006/10/11 00:15] 自転車精神論 | TB(0) | CM(4)

ドイツビール祭り 

横浜の赤レンガ倉庫で「ドイツビール祭り:オクトーバーフェスト2006」というイベントが開催されているのをニュースで知って、ドイツビールとウィンナーソーセージを無性に食べたくなり行ってみることに。
20061008_yokohama_000.jpg

しかし今日も快晴だな~。真っ青な空。快晴過ぎて日中はかなり暑かった。
そして赤レンガ倉庫に着いた。結構な人出だ。ビールと食べ物が別々に販売されていて、それぞれ長蛇の列が・・・。比較的進みの良かったビールを先に買い、食べ物の列に並ぶ。しかし全然動かない!このままじゃビールがぬるくなるので、あきらめてソーセージ以外のつまみを買ってビールを飲みました。もう少し要領良く販売してくれると助かるのだが・・・。食べ物の列に並んでいたおばさん連中は係員に相当文句を言ってました・・・。
20061008_yokohama_001.jpg

500mlのビールを一気に飲み干してフラフラで桜木町方面へ歩きました。かなり暑かったな。桜木町から横浜へ行き、ベイクォーターに行ったのですが、ここも人混みがすごい・・・。
20061008_yokohama_002.jpg

自分用のお土産に崎陽軒のシュウマイ弁当を買って帰りましたが、電車の中で匂うので気を遣いました・・・。でも、味はかなりうまい。シュウマイはいうまでもないのですが、ご飯がもちもちしてうまいんだよな~。
20061008_yokohama_003.jpg


[2006/10/09 03:08] お出かけ | TB(0) | CM(0)

秋晴れ多摩川ポタ 

二日酔いで昼過ぎまで爆睡。ようやく起きてカーテンを開けると、昨日までの雨模様からは打って変わって、気持ちの良い秋晴れの空が広がっていました。ここ最近自転車にのっていなかったので、軽くポタすることにしました。
20061007_tamagawa_000.jpg

夏用ウェアで多摩川CRに出ると、心地良い秋風が吹きぬけ、少し肌寒いかなと思いましたが、走っているうちに暖まってきました。平地ではまだ夏用ウェアで十分だな。
20061007_tamagawa_001.jpg

それにしても空が青く高い!まさに秋晴れだな~。ぽっかりと白い雲が浮かんでいます。
澄み切った空気の涼しさは最高。やっぱり自転車のベストシーズンは秋だね~。
20061007_tamagawa_002.jpg

ガス橋の近くにあるキャノンのビルの向こうの空が真っ青。
くっきりとしたコントラストに思わず写真を撮ってしまいました!
20061007_tamagawa_003.jpg

国道1号まで行き折り返しました。行きはペダルが軽く久しぶりに乗る割には快調!と思っていましたが、帰りは思いっきり向かい風・・・。なるほどね、行きは追い風を受けていたわけね・・・。
夕暮れの空の下キャッチボールをする子供たちを眺めながら帰りました。
[2006/10/07 23:18] ポタリング | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。